何必館・京都現代美術館 / Kahitsukan / Kyoto Museum of Contemporary Art

[画像]何必館・京都現代美術館 [画像]何必館・京都現代美術館

画像をクリックすると拡大表示できます。

所在地

〒605-0073
京都市東山区祇園町北側271

マップを見る

TEL 075-525-1311
FAX 075-525-0611
URL http://www.kahitsukan.or.jp
E-mail
代表者名 梶川 芳友
画廊区分 美術館、その他
営業時間 10:00~17:30
定休日 月曜日/年末年始/展覧会準備期間
料金

何必館(かひつかん)・京都現代美術館は、京都祇園、八坂神社より西に延びる四条通りの北側、ちょうど一力茶屋の向かいにあります。館名の「何必」とは、定説を「何ぞ、必ずしも」と疑う自由な精神を持ち続けたいという意であり、創設者である梶川芳友が命名しました。作品と対峙するための最上の場を求めて自ら設計もおこない、隅々まで配慮が行き届いた、静謐な美術空間が構築されています。館内は2階に村上華岳作品室、3階に山口薫作品室、地階に北大路魯山人作品室が常設され、5階には吹抜からの陽光が美しい「光庭」が配されています。また、日本画の速水御舟、小林古径、洋画の坂本繁二郎、香月泰男、工芸の富本憲吉、志村ふくみ、写真のアンリ・カルティエ=ブレッソン、ロベール・ドアノー、サラ・ムーンなど、国内外のさまざまな作家の作品を収蔵・展示しています。春と秋には全館を使い特別企画展を開催し、作家の活発な創作活動の援助育成と同時に、地域文化の発展に寄与したいと願っております。

( 2件目 / 全78件中 )