ギャラリーM / Gallery M

[画像]ギャラリーM [画像]ギャラリーM [画像]ギャラリーM

画像をクリックすると拡大表示できます。

所在地

〒604-8141
京都市中京区蛸薬師通高倉西入る泉正寺町323 松本ビル1階

マップを見る

TEL 075-221-0979
FAX 075-221-0996
URL
E-mail
代表者名 松本 祐佳
画廊区分 貸/企画画廊
営業時間 1:00~18:00(通常)午前可能
定休日 月曜日/不定期
料金 150000円

松本ビルを建設したのが平成4年、その2年後の4月からギャラリーMを始め、早いもので10年になる。2002年4月から2003年3月まで、京都新聞に連載した「京町家の四季」絵と文と句を出版したのは、直後の4月かもがわ出版からで、日本図書館協会推選図書にも指定され、他府県の方々にも愛された。オーナー自身が絵を次々製造している画廊も珍しいのではないか。京都人間が、身近かなものをテーマに、季節を先取りしながら、タイムリーに絵を発表するのは、アイデアマンの証しと考えている。最近では、オーストラリア人のジェフ・ウッドガー氏(名古屋在住)の風景画、宇宙の順還を描いたさわやかな油彩が、印象的であった。運命的といえるのは、アメリカ人、マクドナルド氏の古事記を34点の油彩にし、おろち退治を政界のドンの顔に描き、奇抜な色彩で日本人の私達に問いかけてきた作品展だ。これはNHKや新聞、ミニコミ紙にまで紹介され大きな反響を呼んだ。マクドナルド氏は当時、立命館の講師で、ご縁にあやかった受験生の息子や友人が握手で立命合格を勝ち取ったことは、有名な事実である。わが画廊は、ふしぎに運命の場である。かつて鎌倉以後、滋賀の佐々木源氏の京都屋敷であり、私こそがその末裔。新選組ゆかりの町家を描くのもやはり運命か。もっと多くの方の運命の場となれることを念じる。

( 26件目 / 全80件中 )